看護婦 看護師

昔は看護婦さん、最近は看護師さん

看護師紹介私の近所の同級生にも看護師さんがいます。

 

何年か前までは看護婦さんと呼んでいたような気がしますが

 

病院などへ行きますと高齢なおじいちゃん、おばあちゃんなどは

 

「ちょっと、看護婦さん」なんて呼んでいらしゃる方を見かけますと

 

あっそうか、看護婦さんでなく看護師さんて言ううんだったけ。なんて

 

考えなおしたりするときがあります。あれはなぜ呼び名が変わったんでしょうか?

 

いまだに知りません。深くは考えないのですが。

 

看護師さんと聞きますと、イメージするのはやはり白衣の天使、夜勤、お年寄りのお世話、血液検査、お薬、お医者さん、注射器などが私の頭には浮かんできます。

 

その中でも一番強く思いますのが、夜勤です。この夜勤というのはほんと大変なような

 

気がしてなりません。入院患者さんを夜中通し、管理している状態ですよね?

 

それも相手は人間ですから、いかなる状況もあるはずです。これは私の想像ですが。

 

白髪染めアレルギー カニポーション 訳あり
数ある看護師専用求人サービスの中でナース人材バンクがおすすめ。

 

看護師さんは仮眠とかをとるようなことはあるのでしょうか。昼間に寝ていらしゃると 思いますが、体調も崩れやすかったりするのではないかとも思ったりします。私の同級生にもいますが、たまに会うとなんとなくきつそうな感じがして、顔色もすぐれていないような気がします。ああ大変なんだな〜ってその時に思ったりします。

 

でも、彼女たちはその仕事にやはり誇りをもってやってるような感じはとても受けます

 

だから私はその同級生がきつそうにしてる時は励ますことにしてるんです。

 

「君は神様から選ばれ人だよ。看護師になるためにね」と。「そんなことはないけど」

 

って同級生はいうけど、そのあと、私と別れるときは目をキラキラさせて去っていきます。白衣の天使さん、毎日ほんとうにご苦労さま。